×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Beloved Armand x Marius

下のリンクをクリックすると、パネルが現れます。

次のに進む前に、リンクをまたクリックして、パネルを消してください。

(消さないで進むと、わけわからなくなるので、ご注意ください;)

1 (QOD)
2 (QOD)
3 (TVA)
4 (TVA)
5(TVA)

愛しのアルマン

イキナリ甘々、行きます!再会シーン大好きな葵の、 お勧めナンバーワンの、アルマンとマリウスの再会 (*^o^*) マリウスから引き分かれされてから、200年。 バンパイヤたち最大の危機を迎え、ソノマの屋敷に 到着したふたり。

...in a common child, a wounded child, he had found a blending of sadness and simple grace that would forever break his heart. This one had understood him! This one had loved him as no other ever had.

...He saw the same love he had counted upon so totally in those lost nights.

…ただの子供に、傷ついた子供に、マリウスは見つけたのだった。 永遠に彼の心を引き裂く、哀しさと気品の融合を。 この者は自分を理解したのだ。この者は、自分を 誰以上にも愛してくれたのだ。

マリウスは、《目の前のアルマンに》見た。終わらない夜、彼を支え続けてくれた、あの変わらぬ愛を。

 
き―――ぃっ。(笑)マリウスちゃんったら、もうラブラブじゃありませんか~。案外ロマンチストよね、おじさま

このシーンには、まだまだ続きがありますが、 とにかくアルマンの方が人生に疲れちゃった感じで、マリウスよりも冷めてたかも。マリウスは、一人感情に 突っ走ってしまって、それに気づいてない様子だけど…。

アルマンが本当に感じてるのは、何?…なんか切ないな…。取り返しのつかない「時間」を、 感じさせられます。ぐすん。

葵大好き、アルマンとマリウス再会シーン、第2弾!きゃっ (*^o^*) 200年ぶりに会った二人は、もっとゆっくり再会を噛みしめたいけれど、アカシャが迫り来る今、そんな余裕はないのです…。あうぅぅ (ToT)

"I love you," Marius whispered suddenly, passionately as a mortal man might. "I have always loved you. I wish that I could believe in anything other than love at this moment; but I can't."

...Marius slipped his arm around Armand's shoulder. There was one final moment of silence and understanding between them. And then they followed Maharet into an immense mountaintop room.

「愛してる」

まるで生身の人間のような情熱を込めて、マリウスは突然ささやいた。「いつもおまえを愛していた。この瞬間に、愛以外の何かを信じられたらいいと思うが、それができない。」

マリウスはアルマンの方に腕を回した。沈黙と、言葉のない理解が二人の間に交わされた。そして彼らは、マハレの後を追って、展望室へと入っていった。

 
ろ・こ・つなマリウスさんっ☆きらりーん

、ですよねっっっ (*^o^*)

この二人だけの空間って、なんでこうも時間が止まってしまってるのかしら。たまらないのですぅぅぅ (T^T)

説明なし。ネタバレはいけませんからね~。

 

"I remember those words. I remember all of them. But I don't believe those things anymore."

「覚えている。自分の言葉だ、皆、覚えている。 ただ、今はもうそれを信じていない。それだけだ。」

 
うが~っっっ。

たまらんのです、ここ。わかります? この本で私が唯一やられた個所です。 いろんな意味で、泣。

ローマのカブンに誘拐され、マリウスが死んだと信じて、絶望のどん底に陥るアルマン。

 

I imagined I was home. I was safe within my Master's bedchamber. We sat together. He read... It did not matter what the words were.

うちに戻っていることを、想像した。

僕は、ご主人様の寝室にちゃんといて、ご主人様といっしょに座っていた。ご主人様は何かを朗読している。その言葉は何でもよかった。

 
この時点で、マリウスの死の事実を受け入れるなんて、どうにもたまらないから、こんなささやか過ぎる現実逃避に走ってます、アルマン。健気過ぎだ…。しくしく (T^T)

「安全な寝室」って、マリウスの存在そのものが、アルマンにとって安心できる居場所だったのよ。あうぅぅぅぅぅっっっ(号泣)

15世紀のベネチアで甘~い日々を送ってるマリウスとアルマン。少し血をマリウスに飲まれ、「これであなたは私の虜だ!」と得意になって言い放ったアルマン。ところが動じないマリウスを見て…。

"You're not my slave at all, are you?" I whispered.

"Yes," he said, almost laughing again. "I am, if you must know."

「あなたは全然、私の虜なんかじゃないのですね」私はつぶやいた。

「いや」彼はまた笑い出しそうに言った。「本当のところ、おまえの奴隷だよ。」

 
豪語した直後、急に自信をなくしちゃうアルマン。しゅん、としちゃって、かわいいぃぃぃぃぃっっvvvv (*^o^*) 

これじゃぁ、マリウスに勝ち目はない(笑)。